ダメージヘアにおすすめのトリートメントパックの方法

髪が傷んできたな、と感じてきたら、お風呂に入る時に、トリートメントパックを行うのが効果的だと思います。

トリートメントは、オーガニックなど、原材料の成分にこだわっているものを使うことをおすすめします。

そして、ダメージケアを意識しているシリーズを選択するようにしましょう。
いろいろ比較検討して、お気に入りを見つけてみてください。

トリートメントパックの方法ですが、シャンプーした後、髪全体にトリートメントをなじませ、ラップで囲むように巻きつけます。

その時は、トリートメントは頭皮はなるべくつけないようにして、毛先中心に多めにつけるようにしていくのがポイントです。

ラップを巻きつけた後、その上からさらに濡れタオルで巻いて固定します。
これにより、トリートメントの浸透をより高めます。

その状態で、20分以上放置して、それからよく洗い流します。

タオルドライした後は、軽くとかし、それからすぐにドライヤーを使い、乾かします。
塗れた状態のままだと、髪がさらに傷む原因となってしまうので、手早く乾かすのがコツです。

ドライヤーも性能がいいものをセレクトすると、使い勝手も良く、髪へも負担が少ないのでおすすめです。

また、美容室のヘアパックコースを定期的に受けてみるのも、髪へのケアとしておすすめです。

頭皮マッサージやスペシャルトリートメントなど、プロのケアを受けるとセルフケアより効果が高いですし、

ダメージの種類によってケアの方法も細かく言うと異なってくるので、最適なケア方法を伝授してもらってみてください。

気に入ったら、そのお店おすすめのトリートメントなどの製品も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

乾燥した髪毛や傷んだ髪毛をツヤツヤサラサラにしたい!

最近度重なるカラーリングやパーマなどを行っていたので髪の毛が結構傷んできました。これといって大したケアもやってこなかったので今更ながら後悔してます。

そもそもなんで髪の毛って傷むんだろう?ふとそう思って調べてみました。

健康な髪の毛は表面がMEAと呼ばれる脂質で覆われたキューティクルが何層にもなって内側を守っているらしいです。

しかしカラーリングやパーマ、太陽光に長時間さらされたり、毎日のシャンプーやスタイリング時の摩擦などによって程度の差はあるもののMEAが損なわれ表面のキューティクルがめくれあがったり、はがれたりすることでキューティクル層の間に隙間ができ、これが枝毛や切れ毛の原因になるそうです。

ふむふむ、原因はわかった。じゃあどうケアすればいいの?

調べてみると、シャンプー前に頭皮をクレンジングすると良いらしい!

クレンジングをする事で頭皮の毛穴に詰まった汚れを落とす事ができ、頭皮の血流が良くなるそうです!また、ホホバオイルを使い、乾いた状態の髪の毛にマッサージをするように、地肌になじませながら塗り込みます。

その後に蒸しタオルを頭に巻いて10分くらい蒸らします。その後オイルはシャンプーとともに洗い流せばOK。

よし、これでケアの方法もわかったのでいざ実践!そう思い今日のお風呂の時間にやってみたのですが、これ結構お勧めです。髪の毛がかなりシットリとして自分で触っていてかなり気持ち良いです。

一回でこんなに効果が得られるとは思いませんでした。これからは毎日でも楽しくケアしたいですね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加